宅建合格“マル秘テク”

宅建を取ることを決めたのは、簡単に取れて簡単に稼げると思ったからですが、
実際に始めてみると難しかったです。
それでも、「他の資格よりは易しいんだから、これくらいはがんばろう」と思ってやりました。国家資格ってこんなものなんだろうと、深く悩むことなく。

あまりいろいろと考えずに勉強に集中したのがよかったのか、
奇跡的に一回で受かりました。
何回も落ちる人がいるとよく聞きますが、たぶんそれは勉強をしていない人です。
やれば受かる。覚えれば受かる。問題が解けるようになれば受かる。
単純かつシンプルなことです。

それで、どんな勉強をしたか、どんなことに気をつけたか、
どんなことに苦労したかなどを次のページから書いていきます。よくある合格体験談です。

でもその前に、どんな気持ちで試験勉強をしていたかを書きます。
わたしが就職活動をしたときは、まさに就職難でした。
就職そのものに憧れはなく、手に職をつけることが必要だと考えていました。
友達の中には、調理師になる人、美容師になる人、看護士になる人、国家公務員を
目指す人など、何か自分をアピールできる資格を持つことを考える人がたくさんいます。
わたしもそんな感じです。

ここまで就職市場が厳しくなる前は、
女子は秘書検定と簿記を持っていればどこにでも就職できたといとこが言っていました。
特に能力が高いわけではないのに、
いい会社に入れば安泰なんて、ちょっと考えられません。

あまりまじめな学生生活は送ってきませんでしたが、
将来のことは自分で決めなければならないという危機感は持っていました。
同世代でニートの人もいるけれど、そういうのとは違います。
そういう社会の雰囲気、自分なりの考え、友達の影響、
そんな中で自然と資格をとることに気持ちが行きました。

宅建を受けようと決めたときは、特に将来の夢はなく、
自分がやるべきことだと思ってやりました。
驚いたのは、意外に面白かったこと、情報収集で持っていたイメージよりも
難しかったことですが、やはりそんなものだろうという気持ちで取り組みました。

時々資格とっても意味がないという人や、
資格の勉強をまじめにやらない人がいますが、それも信じられません。
わたしは、時間の許す限り宅建の勉強に打ち込み、
進んで宅建の世界に入っていったので。では、詳細を→