宅建の合格率

では、早速宅建の合格率の表をご覧ください。

年度

受験者

合格者数

合格基準点

合格率

1999

178,384

28,277

30点

15.9%

2000

168,094

25,928

30点

15.4%

2001

165,104

25,203

34点

15.3%

2002

169,657

29,423

36点

17.3%

2003

169,625

25,942

35点

15.3%

2004

173,457

27,639

32点

15.9%

2005

181,880

31,520

33点

17.3%

2006

193,573

33,191

34点

17.1%

2007

209,684

36,203

35点

17.3%

2008

209,415

33,946

33点

16.2%

2009

195,515

34,918

33点

17.9%

見ても何も感じないと思いますが、これがデータです。
合格基準点は、そのまま合格の基準となる点数ですが、
宅建は50点満点なので7割取れば合格できます(2002年はちょっと高いですけど)。
毎年変動しているのが不安点ですが、深く考えず7割取る勉強をすればよいだけです。

数字から言えば、だいたい6人に1人受かる計算です。かなり受かります。
しかも、聞いた話では、不動産会社に勤めている人は受験が必須のようで、
勉強している人もしていない人も受験者数に含まれています。
他の資格に比べて無理やり試験に参加する人が多いということなので、
ちゃんと勉強して受験する人の合格率はもっと高いに違いありません。

それから、あとから詳しく書きますが、
フォーサイト(通信講座)の宅建講座受講生の合格率は31.0%です。
わたしが受講した講座です。こちらは3人に1人の割合で合格している計算です。

このページでは、
宅建の難易度は高くないということがわかってもらえればそれでOKです。
次のページでは、他の資格の合格率と比較しながら、
食べていける資格かどうかを検証します。